広報室

ホームページにて、各ハンズオンのタイトル横に★印と数字での指標を記載しております。
ぜひお申込みの際は上記、指標表をご参考いただきまして、ハンズオンコース選びにご活用いただけると幸いです。また、初めての顕微鏡以外のハンズオンコースは、顕微鏡をご使用経験のある方、もしくは顕微鏡を診療に取り入れていらっしゃる方が対象となっております。
何卒、ご理解とご容赦のほどお願い申し上げます。
ご不明点ございましたら、事務局までお問合せください。

■お問合せ先
dentalartsacademyjp@gmail.com

こんにちは。
今日は冷え込みが全国的に厳しくなったようですね。
デンタルアーツアカデミーの所在地、神奈川県も快晴より一転、雨が降って参りました。

本日はそんな天気を吹っ飛ばして頂けるような、嬉しいご報告をご紹介いたします。

6月と11月に開催されました、破折器具除去ハンズオンコースでございますが、
受講いただいた先生よりその後のレポートをいただきました。
本日は佐藤先生をご紹介させていただきます。

dr sato
この度は、「破折器具除去ハンズオンコース」に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。
私は、マイクロスコープを用いて根管治療を行うようになって6年になりますが、これまでもそれなりの確率で破折ファイルを除去してきました。
しかし、今回寺内先生のこのコースを受講して、今まで経験の中で行ってきた方法とは違い、科学的に洗練された方法は、歯質の削合量が少なく歯へのダメージを可能な限り減らすことが出来ることを実感することが出来ました。また、先生が考案されたループを用いた除去器具は、マイクロスコープをお使いの先生なら1度は経験したことがある「破折ファイルの断端が露出しているのに取れない」というシチュエーションにはもってこいで、取り除くことが出来た時の爽快感は一味違います。今後も先生に教えてていただいたプロトコールを守りながら、破折ファイルの除去を通して1本でも多くの歯の保存に努めていきたいと思います。

sato dr pic
佐藤先生、大変貴重なコメントと症例をありがとうございました!!
先生のご自身のブログ内にて、同じく紹介いただいております。
佐藤先生のブログ http://www.taka-dental-clinic.com/blog/konkan/260/


来年の破折器具除去コースは開催予定段階でございますが、
リトリートメントハンズオンコースにて、実習に半日破折器具除去が含まれております。
ご興味がある方はこちらよりお申込み可能です。
https://www.dentalartsacademy.com/course/id-152
破折器具除去1日コースの開催は、予定が決まり次第お知らせいたします。

それでは皆様、暖かくしてお過ごしくださいませ。

written by Tsutsumi