広報室


前回の記事では「はじめての顕微鏡コース」について簡単に紹介させていただきました。
もっと詳細を知りたいという先生方のご要望にお応えすべく、キーポイントを一挙にご紹介いたします!

「はじめての顕微鏡ハンズオンコース」の詳細内容
■1.顕微鏡の基本構造
 鏡基部とスタンドとアーム/レンズ/倍率/フォーカス/ビームスプリッター/手動と電動

■2.顕微鏡を使う前の設定と注意点
 視度調整/フレクション調整/緩めてはいけないネジ/カバーレンズ/ドレーピング

■3.歯科治療を顕微鏡下でおこなう利点または欠点を知る
見えないことが見えるようになったことで可能になったこと/顕微鏡治療の限界とその解決方法

■4.顕微鏡の使いやすさを広げるオプション器機
 バリオフォーカス/可変鏡筒/オートフォーカス

■5.患者説明用に便利な記録法と周辺器機
 動画撮影/静止画撮影/撮影のポイント/画角から外れないようにする/センタリングする/必要な倍率に合わせる注意すべきポイント
スツール/モニター/録画機器/プレゼンテーション機器/
DVD/ブルーレイ/ハードディスク/PC,カードメディア

■6.顕微鏡治療が楽になる患者・術者のポジショニング・アシスタント業務・ミラーの選択
 12時を中心にしたポジショニング/10時を中心にしたポジショニング/8時のポジショニング
ミラーテクニックとダイレクトビューの適応と限界
アシスタント圧排位置・方法

■7.顕微鏡治療のためのトレーニング
 顕微鏡酔いを防ぐ直視のトレーニング・鏡視のトレーニング/マネキンによるスケーリング練習/実際の治療

■8. 顕微鏡治療における患者とのコミュニケーション
 見せる映像のポイント/理解を助けるアニメーションソフト/レントゲン写真の活用/手書きソフトの使用

少しでもご興味を感じるようなポイントがございますでしょうか。
ハンズオンコースへのご参加により、想像を超えた治療や歯科経営の新たなヒントが得られるかも知れません。
少しでも興味をお持ちでしたら、ぜひ「はじめての顕微鏡」コースにご参加お待ちしております!

コース詳細